インプラントの実際

インプラントのお手入れ

トップ / インプラントのお手入れ

インプラント手術の痛みについて

インプラントというと顎の骨に人工の歯根を埋め込む手術なので相当痛そうですが、実際のところはどうなのでしょうか。虫歯や抜歯の治療でも用いるように手術の際には局所麻酔を用います。これによって痛みはなくなりますが、意識があるために怖いという方も多いのです。そこで局所麻酔に加え、笑気麻酔や静脈鎮静法なども用いられることもあります。インプラントの手術中は痛みはありませんが、術後麻酔が切れれば痛みがやってきます。そこでその痛みを抑えるような薬が出されますので、それを服用することで術後の痛みを抑えることができます。

インプラントで歯の機能を回復

歯のインプラントは、失ってしまった歯の代わりになるものであり、食事を食べるときや会話するときなどに違和感を感じさせず、本来の自分の歯のような感覚でいられます。また部分入れ歯などとは違い、使っていることが分かりにくく審美性を高めてくれる存在でもあります。差し歯だと何らかの拍子に取れてしまうことも多いですが、インプラントだとその可能性が少なくなります。安定して正確な埋め込みを行うため、手術前には歯科医療用のCT撮影を行い、より精密に専門の技工士が人工歯を作ってくれるため、綺麗な歯を埋め込むことが可能です。

女性のクリニック情報