噛めるインプラント

丈夫なインプラントの歯

トップ / 丈夫なインプラントの歯

インプラントは歯の根っこがある

入れ歯やブリッジなどと違って丈夫だといわれているインプラント治療、それは、本物の歯と同様に人工歯根という根っこがあるということに起因しています。人間の噛む力というものは意外と強いもので、成人男性などは約六十キロあるといわれています。入れ歯などは歯茎に乗せている状態なので、これほどの噛む力は出せません。インプラントは、骨と良く似たチタンでできた人工歯根を顎の骨に埋め込むので、しっかりと結合してくれるため、人工歯を支えることが可能となるので、本物の歯のように硬いものでも噛み砕くことが出来ます。

インプラントのカウンセリング

歯科治療として身近となってきているインプラント、事故などで失ってしまった永久歯を、甦らせることのできる治療で、見た目にも本物の歯と同じように見え、硬いものでも普通に噛めるなど、入れ歯とは違って生活の質を落とさなければならなくても済むため、とても注目されている治療方法です。しかしインプラント治療は保険が効かない自由診療となっているので、高額な治療費が必要とされており、医師としっかりとカウンセリングを行うことが大切です。

女性のクリニック情報